そばかすを薄くしたいなら、おすすめの化粧品はどれ?

 

「このそばかす、どうにかならないかな?」

 

と鏡の前でため息をついているあなたへ!

 

おすすめのそばかす対策化粧品をご紹介します

 

 

そばかす対策の化粧品ランキング

 

そばかす専門クリーム「フレキュレル」

 

種類3

 

  • 返金保証:180日間 返金保証
  • 内容量:40g(1か月分)
  • 定期購入:4,473円(3回目〜)

 

「化粧品って合わないと、お金がもったいないよね・・・」

 

フレキュレルは180日間!と約6か月の返金保証付きがあるため、万が一お肌に合わない場合は、返金も可能です。

 

※明細書・商品容器・商品箱の3点は捨てないにしてください。

 

 

デメリットは?

 

トライアルセットだけでは、シミ対策は微妙です(汗)

 

 

 

【フレキュレル 公式サイト】
→http://www.frequrell.com/

 

 

ホワイトニングリフトケアジェル ・シミウス

 

ホワイトニング リフトケアジェル

 

 

  • 返金保証:30日保証あり
  • 内容量:60g※約1か月
  • 定期購入:3,795円

 

 

シミウスはシミ対策や美白向けのオールインワンジェルです。

 

最大の特徴は”医薬部外品”&”マッサージ用”で、他社の商品にはない強みです。

 

 

デメリットは?

 

多忙でマッサージなんて無理!
という人には向かないです(汗)

 

 

【シミウス 公式サイト】
https://www.mebiusseiyaku.co.jp/

 

 

 

ビーグレン ホワイトクリーム

 

  • 返金保証:365日間保証付
  • 内容:
    • クレイウォッシュ(15g)
    • QuSomeローション(20mL)
    • Cセラム(5mL)
    • QuSomeホワイトクリーム1.9(5g)
    • QuSomeモイスチャーリッチクリーム(7g)

  • トライアルキット:1,800円

 

「ビークレンってアメリカ発の化粧品でしょ?日本人が使っても大丈夫?」

 

という疑問が多いですが、日本人用に作られています。

 

最大の特徴は”ハイドロキノン配合”でリピート率98.5%!

 

また365日返金保証!他社ではありえない期間の保証です。

 

それほど、シミ対策に自信があるメーカーといえます。

 

 

デメリットは?

 

価格がややお高め。

 

またハイドロスキン配合の化粧品は妊婦や授乳中のママさんは担当医に相談しましょう。

 

 

 

まずは初回限定のトライアルキットで試してみてください♪

 

 

美容についてのQ&A

 

美容を気にする人

 

 

シミやそばかすが顔にできる原因とは?

 

シミとそばかすは症状が似ていますが、実は特徴や原因に違いがあります。

 

シミは主に後天的なものであり、紫外線によるダメージや肌トラブル、加齢などによって発生しやすくなります。そばかすは後天的な原因でできるものより遺伝性のものが多いです。

 

また、遺伝性のものは加齢によって自然と薄くなることもありますが、紫外線を浴びると濃くなってしまうので注意しましょう。

 

ちなみに、後天性のそばかすの場合は自然に消えることは少ないですし、加齢とともに目立ちやすくなります。一口にシミといってもいくつかの種類があります。

 

それぞれ発声するメカニズムは異なっていますが、メラニン色素が大きく関わっていることがポイントです。

 

メラニン色素というのは表皮に存在するメラノサイトによって作られる色素のことです。後天性のそばかすは紫外線や過度なストレス、間違ったスキンケア、食生活の乱れ、睡眠不足などによって発生すると言われています。

 

これらは体を酸化させてしまいますし、老化の原因となる活性酸素が多く作られるようになってしまいます。

 

活性酸素がメラノサイトを活性化させることにより、そばかすが発生してしまうということです。まずは普段の生活習慣を見直すと良いでしょう。

 

乾燥肌になる原因

 

乾燥肌のもっとも大きな原因は、間違ったスキンケアです。

 

クレンジング剤や洗顔剤を使った後に肌が突っ張るのは必要な皮脂まで洗い流しているためですので、バリア機能を損ねないような洗い方をしなければなりません。

 

基本的に洗顔剤を使うのは夜だけで十分ですので、朝も使っている場合には見直しが必要です。

 

肌のコンディションに合わせて調整を行うべき部分ですので、どんな状態でも朝晩2回も洗顔剤を使うのはNGです。

 

また、刺激の強い洗顔剤を使うことも原因の一つですので、肌に優しい良質の洗顔剤に変えることも効果的です。

 

洗顔の際にはリンパマッサージを行う人も多いのですが、摩擦によって角層がダメージを受けるとバリア機能が低下しますので、こすらないようにクリーム等を活用すべきです。

 

季節や室内環境によっても乾燥肌は引き起こされます。

 

乾燥しやすい秋冬は外気の影響を受けますが、エアコンを使うようになると室内でも乾燥肌になりやすい環境になります。

 

夏は紫外線による影響でターンオーバーの周期が乱れて古い角質が溜まることで保湿力が低下しますので、紫外線への注意も必要です。

 

紫外線対策は外出時にしか行っていない人は、室内でも必要なことを理解しなければなりません。

 

 

基礎化粧品についてQ&A

 

化粧品を塗る人

 

化粧水はどうして使うの?役割を解説

 

スキンケアの基本である化粧水。何気に毎日使っているけど、化粧水にはどんな役割があるのか知っているでしょうか?

 

洗顔後の肌はそのままにしておくと、水分がどんどん失われてしまいます。ただの水だけでは肌に浸透しないため、ここで化粧水が必要になってくるのです。

 

配合されている成分は水の他にグリセリンやエモリエント剤、エタノールなど物によって違ってきますが、多くの保湿成分を含んでいるため肌に浸透していくのです。

 

肌に潤いを与え、滑らかにしてくれる働きがあります。さらに肌を柔らかくしたり、油分と水分のバランスも整えてくれます。

 

皮脂の分泌を抑える作用もあるため、脂性肌の人にも化粧水でしっかり水分補給することは大切なのです。肌に水分が足りないと、肌を守るために余計に皮脂分泌が多くなる可能性もあるのです。

 

化粧水の後はそのままにしておくと水分が飛びやすいので、必ず乳液などを付けましょう。

 

丁寧にスキンケアをすることで、その後のメイクのノリも違ってきます。最近はヒアルロン酸やコラーゲン配合、美白成分配合やニキビに効果的な物など様々な種類があります。

 

 

自分の肌質や肌の悩みにあった化粧水を選び、より良い効果を高めてください。

 

 

 

ハイドロキノン配合の化粧品のメリット・デメリット

 

ハイドロキノンは、美白化粧品に配合されている成分の中でも最も効果が高い成分です。

 

今では美白化粧品に配合されるようになりましたが、以前はシミやくすみ、そばかす、肝斑などの肌トラブルの方に、皮膚科からクリームや軟膏などが処方されていました。

 

ハイドロキノン配合の化粧品のメリットは、なんといってもその美白効果です。

 

これまでの美白効果のある成分といえば、ビタミンC誘導体やアルブチンなどが主でしたが、これらの成分は肌の色を変える原因と言われているチロシナーゼの生成を抑えるというものでした。

 

しかしハイドロキノンは、チロシナーゼの生成を抑えるだけでなく、チロシナーゼを生成しているチロシンにも働きかけるので、従来の成分よりさらに美白の効果が期待できるのです。

 

ハイドロキノン配合の化粧品のデメリットは、ほかの美容成分と比べて刺激が強いということです。

 

濃度が高ければ効果も高いのですが、その分刺激も強くなるので、お肌のデリケートな方はピリピリ感を感じたり、赤みが出てしまったりします。

 

そのため、最初はトライアルセットなどを利用して少量試してみて、自分の肌に合うかどうか、お肌に刺激が強すぎないかチェックすることがおすすめです。"